iso取得

iso取得企業とは

会議

isoを取得している企業は、自社の製品や工場の外壁などに、iso取得企業や、iso取得済み、などといったように、必ず取得しているisoの規格を、その番号と一緒に表記しています。就職活動で企業の説明会などに行った時にも、弊社では、この製品や会社のマネジメントにおいて、iso取得をしています。というアピールをよく聞きますよね。ですが、iso取得とは、そもそもどういう意味なのか、ご存知でしょうか。
iso取得とは、ある製品や会社のマネジメントシステムについて、国際機関であるisoが定めた規格に適合しているか、また製造方法や会社の運営について、iso規格に適合するように順序立てやマニュアル化をおこなっているかという各種の基準を満たしているという認証を受けることです。
国際機関が製造手順や会社のシステムについてお墨付きをくれるということになりますので、企業のイメージアップや、国際的な取引をおこなうための安心材料を提供するためなどといった目的で、さまざまな企業がiso取得のため、社員教育や各種資料の保管をおこなっています。iso認証を受けるためにはそれなりの時間と労力がかかりますので、iso取得済みの企業は、ある程度の体力がある企業だと判断することもできます。